UA-131891340-1

キッチンの排水が詰まったら

台所の排水の流れが悪くなったり、排水溝が完全に詰まって水が流れない状態になると水漏れなど新たな被害に発展しかねません。 そこで、排水溝の流れが悪いとき、または完全に排水溝が詰まったとき、その場で使える自分で詰まりを解消する方法をご紹介します。

お湯を使用する方法

①排水トラップを取り外して排水口を露出する

まずは排水溝の排水トラップを取り外して排水管の入り口を露出させます。
ゴミ受けを取り外したら、下にワントラップが見えます。ワントラップは左に回して取り外します。 ワントラップは排水管から上がってくる臭いを抑えている効果もあるので、取り外すと少しきつい臭いがします。 ワントラップを外すと排水が流れる配管があります。ここにタオルを詰めて栓をします。 直接水の出口を塞ぐことがポイントです。

②タオルを配管に詰めて栓をします。

タオルを配管に詰めてフタをします。
その前に、ワントラップを外して掃除したことがない場合は、かなり汚れている場合があるので、古い歯ブラシなどで汚れを落として下さい。

食べかすなどの大きなゴミがあった場合は、配管に流さずに取り除いて下さい。配管の入り口部分や手の届く範囲の配管内部も油汚れなどが付着していた場合は、歯ブラシで掃除をして下さい。このときに注意することは絶対に配管内に水以外の物を流したり、落としたりしないようにして下さい。

ワントラップの掃除ができたら配管にタオルを詰めてフタをします。この時、タオルが配管から取り出せなくなったら大変ですので奥まで詰めずに後から引っ張れるように出来れば、端っこはシンクから出しておいて下さい。

③シンクにお湯を溜めます。

お湯を溜めるのはシンクの6~8割り程度で大丈夫です。
温度は50~60度程度にして下さい。熱いほど効果が高いですが、沸騰するほどの高温だと配管を痛めてしまいます。

◎お湯の温度に注意して下さい。熱湯を流す間隔は空けるようにして下さい。

④タオルの栓を抜き一気にお湯を流し込んで下さい。

お湯をためたら最後に栓を抜いて一気に配管にお湯を流し込んで下さい。
完全に詰まって水が流れない排水溝には使えませんが、流れが悪く水はけが悪いなど 詰まりの初期状態ならこの方法でも十分に解消できます。
流れが良くなってきたら仕上げにパイプクリーナーや重曹を使って綺麗に掃除して下さい。

※シンクに60℃のお湯を溜めるのが難しい場合、バケツにお湯を溜め一気に流してみて下さい(詰まりが取れるまで数回流して下さい)。

ペットボトルを使用する方法

ペットボトルを使った排水溝の詰まり解消の手順

①タオルを使う時と同じく配管の入り口を露出させます。
②ペットボトルの口を配管の口に合わせます。
この時、排水口とペットボトルの間に隙間ができないようにしてください。ペットボトルを配管の口に合わせて下側に少し抑える程度で隙間はなくせます。
③空気を送り込むためにペットボトルを何度かペコペコします。
④ペットボトルを抜きます。
詰まってはいるが少しずつ水が流れている状態なら、排水溝内にある程度水を溜めてから試して見てください。 この手順を何度か繰り返せば配管内で「ボコボコッ」と音がして詰まりが浮いてくるか、そのまま流れていくはずです。
ペットボトルは大きいほど送れる空気量が多くなります。2Lのものがなければ500mlで、素材は固い素材ではなく柔らかめのペコペコしやすい薄めのタイプが使いやすいです。
ペットボトルで空気を送ることで、配管内の水圧を上げ、詰まりを取れやすくする効果があります。

ラバーカップを使用する方法

①ラバーカップのゴム部分が水に浸かるくらいシンクに水をためます。

②ラバーカップを排水口に垂直にピッタリとあてて、ゆっくり押し込みます。

③グッと一気に引っ張ります。

何度か繰り返すと詰まりが解消され、流れ始めます。ポイントは、押す時ではなく引く時に力を入れることです。あまりぐいぐい押してしまうと、逆に詰まらせてしまうこともあるので注意して下さい。

ワイヤーで詰まりの原因を削り取る方法

これは、詰まっている油などを、直接削り取ってしまおうという方法です。ワイヤー式パイプクリーナーは、ホームセンターでも売っています。もしものときのために、備えておいて下さい。

①ワイヤーを排水口に入れていきます。

②進まなくなった所(詰まっている所)まできたら、ワイヤーをくるくると回しながら油の固まりを削ります。

少し押し込みつつ、くるくると回しながら、穴を掘るように削るだけ。ワイヤーを取り出すと油がついているのが分かるはずです。

powered by crayon(クレヨン)